TOP > マンション経営 > 資産運用としてのメリット

マンション経営 -資産運用としてのメリット-

  • 私的年金としてのメリット
  • 生命保険としてのメリット
  • 節税対策としてのメリット
  • 資産運用としてのメリット

超低金利時代に適合した資産運用方法として活用されています!

バブルの崩壊に伴って、マンション価格そのものも当時の水準から大幅に低下しています。
しかし、家賃相場は変わらず安定していることから、マンション経営は表面利回り年4%・5%程度の高い利回りの実現を
期待することも可能です。(経費や諸費用などを考慮しない利回りの場合)

マンション経営は好利回りな金融商品

投資という点から考えると、利回りは最も重要視されるポイントです。
この超低金利の時代だけに、金融商品で利回りが1%を超えるものを見つけるのは至難の業。

しかも相当なリスクを覚悟しなければなりません。
しかしワンルームマンション投資なら、物件が良ければ小さなリスクで大きなリターンが期待できます 。

「利回りの高さ」+「安心感」が何よりも大きなメリット

最近の新築ワンルームマンションは都心部で、しかも駅前という好立地が大半です。
ですから入居者がつきやすく、空室リスクが極めて小さくなります。
しかも、都心部では不動産価格の下落傾向にも歯止めがかかり、資産価値もある程度は先読みできるようになってきました。
<利回りの高さ>+<安心感>が、何よりも大きなメリットであると考えられます。

資産運用が多様化する現在、マンション経営が金融商品としても注目されています。
特にペイオフ(※注)の全面解禁以降は、低金利の預貯金では得られない年間家賃収入60〜70万円を目的として資産を分散される方が非常に増えてきています。万一、投資先が破綻してしまってもワンルームマンションという実物資産は手元に残ります。資産価値が株や債券のようにゼロになってしまうリスクも小さいと言えます。
しかも、土地の区分所有権は国が登記保全するため、確固とした財産と考えられます。

※ペイオフ解禁とは
破綻した金融機関からの預金払い戻し保証額を元本1000万円とその利息に限ること。
例えば3000万円の預金をしていても、1000万円しか保証されず、
最悪2000万円は返ってこない可能性があるということです。
今や預金も絶対安全ではないのです。

  • 私的年金としてのメリット
  • 生命保険としてのメリット
  • 節税対策としてのメリット
  • 資産運用としてのメリット